研究業績一覧


学術論文(査読付きジャーナル)

  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi, Zahra Nazari and Tomokazu Nagata: "Consideration on Core Layer Dynamic Network and Server Refinement Using Event-B", International Journal of Emerging Technology and Advanced Engineering(Website: www.ijetae.com), ISSN:2250-2459, ISO 9001:2008 Certified Journal, Vol.6, Issue 8, pp.147-155, Aug. 2016. (資料)
  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi and Tomokazu Nagata: "Cloud Based Dynamic Routing with Frrdback in Formal Methods", International Journal of Advanced Computational Engineering and Networking, ISSN:2320-2106, Vol.4, Issue 8, Aug. 2016. (資料)
  • Mursal Dawodi, Jawid Ahmad Baktash and Tomokazu Nagata: "Specific Kankor Management System for Afghanistan", Information Journal, Vol.19, No.6(A), pp.1885-1892, 2016/2. (資料)
  • Jawid Ahmad Baktash, Tomokazu Nagata and Mursal Dawodi: "FORMAL DEVELOPMENT OF ONLINE SHOPPING SYSTEM USING EVENT-B", International Journal of Applied Engineering and Technology, ISSN:2277-212X, Vol.6(2), pp.1-7, April-June, 2016. (資料)
  • Tadashi Shiroma, Tomokazu Nagata, Yuji Taniguchi, Morikazu Nakamura and Shiro Tamaki: "Extension of OpenID Connect for Utilizing Attributes", Information Journal, Vol.19, No.2, pp.705-715, 2016/2. (資料)
  • Kazem NASERI, Jawid Ahmad BAKTASH, Dongshik KANG and Tomokazua Nagata: "Accessibility Assessment of Health Services in Kabul City, Using GIS", Information Journal, Vol.18, No.11, pp.4643-4650, 2015/11. (資料)
  • Jawid Ahmad BAKTASH, Tadashi SHIROMA, Tomokazu Nagata, Yuji TANIGUCHI, Morikazu NAKAMURA and Musal DAWODI: "Formal Implementation of Routing Information Protocol using Event-B", Information Journal, Vol.18, No.2, pp.705-718, 2015/2. (資料)
  • Jawid Ahmad BAKTASH and Tomokazu Nagata: "Formal Development of Electronic Identity Card System Using Event-B", Information Journal, Vol.17, No.9(B), pp.4677-4685, 2014/9. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki , Heung Gyoon Ryu, Katsumi Yamashita, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata, Mohammad Reza Alsharif and Mahdi Khosravy: "Design and Implementation of Feedback and Feedforward Controller in Wireless Tele-Control System Considering Equalization", International Journal on Innovative Computing, Information and Control, Volume 8, Number 4, pp.1213-1220, 2014/4. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Hirata Teppei, Tsutomu Nagado and Tomokazu Nagata: "Feasibility Confirmation of Angular Velocity Stall Control for Small-Scaled Wind Turbine System by Phase Plane Method", IEEK Transactions on Smart Processing and Computing, Vol. 2, No.4 pp 240-247, August 2013. (資料)
  • 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 名嘉村盛和, 玉城史朗: "トラストフレームワークモデルを適用したOpenID拡張手法の提案", 情報処理学会論文誌, Vol.J95-D, No.12, pp.2021-2030, Dec. 2012. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Design of Adaptive Friction Control of Small-Scaled Wind Turbine System Considering the Distant Observation", International Conference of Control and Automation, LNCS Springer, pp.213-221, Nov. 2012. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Analysis of Non-Linear Adaptive Friction and Pitch Angle Control of Small-Scaled Wind Turbine System", Future Generation Information Technology FGIT 2011, Control and Automation CA, Springer-Verlag, Lecture Note: Communication in Computer and Information Science 256, pp.26-35, Dec. 2011. (資料)
  • 長田智和, 松原有紀, 比嘉哲也, 城間政司, 谷口祐治, 玉城史朗: "初等教育における情報活用能力育成のためのWeb検索支援システムの試作", Information Journal, Vol.14, No.8, pp.2615-2634, 2011/8. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Design of Low Frequency and Decoupling Compensator for MIMO System Including Time-delay Elements and Interferences", International Journal of Control and Automation, Vol.4, No.1, pp.33-48, 2011/3. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Design of Loop-Shaping and Internal Model Controller for Unstable and Communication Delay System", International Journal of Control and Automation, Vol.4, No.1, pp.59-70, 2011/3. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Analysis of MIMO System with Internal Model Controller Including Uncertainty of Time-Delay Element, External Distrurbance and Feedback Noise", Information Journal, Vol.14, No.1, pp.5-16, 2011/1. (資料)
  • 玉城麿, 玉城史朗, 伊藤芳樹, 當眞毅, 長田智和, 堤純一郎: "断崖近傍に設置された段違い2列型防風ネットの効果に関する研究", 日本風工学会論文集, Vol.35, No.4,(No.125), pp.107-115, 2010/4. (資料)
  • Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "ネットワークの輻輳状態を考慮したTCP通信性能改善手法の提案", Information Journal, Vol.13, No.1, pp.123-136, 2010/1. (資料)
  • M.A.Rashed, A.Kinjo, M.R.Islam, M.Taeiquzzaman, T.Nagata, S.Tamaki: "Modeling and Analysis of Iran's Nuclear Conflict", IJCSNS International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.9, No.10, pp.31-38, 2009/10. (資料)
  • Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "A Cache Replacement Algorithm for Improving of Service Response Time", Information Journal, Vol.12, No.6, pp.1321-1333, 2009/6. (資料)
  • 金城篤史, 城間政司, 比嘉哲也, 長田智和, 玉城史朗, 谷口祐治: "情報工学系学科における教育用計算機システムの自主構築に関する取組み", 教育システム情報学会論文誌, Vol.26, No.1, pp.79-88, 2009/1. (資料)
  • 長田智和, 與那覇寛庸, 與那嶺裕, 谷口祐治, 玉城史朗: "データ保存の機密性を考慮した分散型ネットワークストレージの開発", Information Journal, Vol.11, No.3, pp.321-339, 2008/3. (資料)
  • Tomokazu NAGATA, Wenhung SU, Jaeho LEE, Atsushi KINJO, Tadashi SHIROMA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "ICMP Type 3 Messages Analysis and Payload Matching for Unknown Worms Detection", Information Journal, Vol.11, No.1, pp.131-142, 2008/1. (資料)
  • Atsushi KINJO, Satoshi GIMA, Tadashi SHIROMA, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "Protocol-Selective Streaming System based on Network State", Information Journal, Vol.11, No.1, pp.77-86, 2008/1. (資料)
  • Tomokazu NAGATA, Jaeho LEE, Wenhung SU, Atsushi KINJO, Tadashi SHIROMA and Shiro TAMAKI: "Decision Trees Approach for Anomaly Intrusion Detection", Information Journal, Vol.10, No.5, pp.619-630, 2007/4. (資料)
  • 山城博幸, 長田智和, 本村直樹, 金城篤史, 城間政司, 新垣秀雄, 谷口祐治, 名嘉村盛和, 玉城史朗: "インターネット遠隔計測系とバッテリーレス太陽光発電システムに基づく自律的ITファームの研究開発", 太陽エネルギー学会論文誌, Vol.33, No.4, pp.33-40, 2007/4. (資料)
  • 仲間博文, 新垣秀雄, 長田智和, 國吉侑, 玉城史朗, 名嘉村盛和, 翁長健治: "ボンドグラフの基づく風力発電システムの動特性解析", 太陽エネルギー学会論文誌, Vol.33, No.1, pp.51-55, 2007/1. (資料)
  • 長田智和, 神里大, 谷口祐治, 玉城史朗: "スループット評価指標を導入したWWWキャッシュ置き換えアルゴリズムの提案と評価", 情報処理学会論文誌, Vol.44, No.4, pp.1083-1091, 2003/4. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治: "ブロードバンド通信対応の地域IX実現に向けた実証実験と評価", 情報処理学会論文誌, Vol.43, No.11, pp.3509-3518, 2002/11. (資料)

国際学会

  • Jawid Ahmad Baktash, Tomokazu Nagata: "Dynamic Routing Verification, Using Event-B", Advances in collaboration for Engineering & Technology, Computer, Basic and Applied Sciences Research Junuary 26 and 27, Tokyo, Japan, 2017. (資料)
  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi and Tomokazu Nagata: "Dynamic Routing Protocols Evaluation with the feedback of Event-B and Formal Method", 106th International Conference on Science and Innovative Engineering (ICSIE), Kyoto Japan, 10th and 11th of Oct. 2016. (資料)
  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi and Tomokazu Nagata: "Cloud-based Dynamic Routing with Feedback in Formal Methods", International Institute of Engineering & researchers proceeding of 37th international conference, ISBN :978-93-86083-36-4, Kyoto Japan, 22 June 2016. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif, "Evaluation of Restrained-Control of Small-Scale Wind Turbine System Considering Round Trip Delay", The 27th International Conference on Circuit-Systems, Computers and Communication, ITC-CSCC2012, Sapporo, Japan, Jul. 15-18, 2012. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Application of Internal Model Controller for Wind Turbine System Considering Time-Delay Element", 8th International Conferenceon Informaticsin Control/Automation and Robotics, pp.199-202, 2011/7. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad Reza Asharif: "Analysis of Tele-Operation System on Application to Wind Turbine Control", The 26 th International Conference on Circuit-Systems, Computers and Communication, ITC-CSCC2011, pp.862-865, Geoyongju, Korea, Jun. 7-11, 2011. (資料)
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado and Tomokazu Nagata: "Design of Decoupling Compensator for Time-delay and Uncertainty System and its application to wind turbine control", Society of Instrument and Control Engineers Control Division, Okinawa Japan, Mar. 15-17, 2011.
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado and Tomokazu Nagata, "Analysis of Hybrid Robust Controller Considering Disturbance, Noise and Time-Delay", 18th Iranian Conference on Electrical Engineering Isfahan, Iran, Proceeding of IEEE Conference 978-1-4244-6760-0/10, May. 11-13, 2010. (paper)*refereed.
  • Tadashi SHIROMA, Tetsuya HIGA, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI, Shiro TAMAKI and Morikazu NAKAMURA: "Access Control with OpenID on the Web", Proceedings of ITC-CSCC2009, CD-ROM, pp.1480-1482, 2009/7. (paper)*refereed.
  • Faramarz Asharif, Shiro Tamaki, Tsutomu Nagado, Tomokazu Nagata and Mohammad reza Asharif: "Feedback Control of Linear-Quadratic-Integration Including Time-Delay System", Proceedings of ITC-CSCC2009, CD-ROM, pp.652-657, 2009/7. (paper)*refereed.
  • Atsushi KINJO, Shigeru UEZATO, Mohd Abdur RASHID, Tomokazu NAGATA, Morikazu NAKAMURA and Shiro TAMAKI: "Development of Agricultural Natural Energy System based on Sensor and Control Network", Proceedings of APIS2009, 2009/1. (paper)
  • Wenhung SU, Jaeho LEE, Tomokazu NAGATA and Shiro TAMAKI: "Using Hybrid Method to Detect Internet Worms by Analyzing ICMP Type 3 Messages and Worm Characteristic Matching", Proceedings of ISITA2006, pp.645-648, 2006/10. (paper) *refereed.
  • Atsushi KINJO, Yoshifumi YAGI, Tomokazu NAGATA and Shiro TAMAKI: "Study on The PES Header Protection and Control Packet Loss for MPEG2 Streaming Method", Proceedings of ITC-CSCC2006, Vol.3, pp.433-436, 2006/7. (paper) *refereed.
  • Shiro TAMAKI, Hiroyuki YAMASHIRO, Tomokazu NAGATA and Yuji TANIGUCHI: "Development of Autonomous Irrigation System Based on Internet Supervisory Remote Control", Proceedings of ITC-CSCC2003, Vol.2, pp.1163-1166, 2003/3. (paper) *refereed.
  • Masaru KAMIZATO, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "WWW Cache Replacement Algorithm Based on the Network-distance", Proceedings of ITC-CSCC2002, CD-ROM, 2002/7. (paper) *refereed.
  • Kenichi OGATA, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "Access Control System based on Reliability Parameter", Proceedings of ITC-CSCC2001, Vol.2, pp.502-505, 2001/7. (paper) *refereed.
  • Shinya CHINEN, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI and Shiro TAMAKI: "Adaptation of Mobile Agent in The Network Management System", Proceedings of ITC-CSCC2001, Vol.2, pp.498-501, 2001/7. (paper) *refereed.
  • Katsumi KISHIMOTO, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI, Shinji KONO and Shiro TAMAKI: "Mobile Agent based Web Cache Proxy Syetem", Proceedings of IEEE Electro/ Information Technology Conference, CD-ROM, 2000/3. (paper) *refereed.
  • Tomokazu NAGATA, Shiro TAMAKI, Kenji ONAGA and Yuji TANIGUCHI: "Verification and Development of Network Technology On the Okinawa regional Inter eXchange", Proceedings of IEEE TENCON'99 Conference, Vol.1, pp.757-760, 1999/9. (paper) *refereed.

国内学会

  • 田場典智, 長田智和, 谷口祐治, "トラフィック監視による不正通信遮断システムの提案", 第80会情報処理学会全国大会論文誌, Vol.3, pp.461-462, 2018/3/14. (資料)
  • 秋田海人, 長田智和, 谷口祐治, "OpenFlow?を用いたネットワーク監視とトポロジーの可視化", 第80会情報処理学会全国大会論文誌, Vol.3, pp.197-198, 2018/3/14. (資料)
  • 田中大海, 城戸翔大, 長田智和, 谷口祐治, "情報系学科における教育研究用情報システムの運用管理に関する取り組み", インターネットと運用技術研究会報告(IOT), Vol.2017-IOT-36,No.38,pp.1-4,2017/02/24. (資料)
  • 西村優吾, 長田智和: "家庭内無線LANネットワークにおけるIoTデバイスの真正性及び健全性向上に関する研究", 電子情報通信学会信学技報, Vol.116, No.361, IN2016-73, pp.41-44, 2016/12. (資料)
  • 城戸翔大, 安里悠矢, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "情報系学科における教育情報システムの構築及び運用管理に関する取り組み", インターネットと運用技術研究会報告(IOT), Vol.2016-IOT-32, No.2, pp.1-7, 2016/3/3. (資料)
  • 安里悠矢, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "琉球大学情報工学科おける教育研究用情報システムの更新に関する研究", インターネットと運用技術研究会報告(IOT), Vol.2015-IOT-31, No.12, pp.1-6, 2015/9/18. (資料)
  • Ganganath SHANMUGALINGAM, Tomokazu NAGATA, Yuji TANIGUCHI: "AUTOMATED DATA CENTER FAILOVER-FAILBACK FOR DISASTER RECOVERY FOR ACADAMIC NETWORKS USERS AS WELL AS COMERCIAL DATA CENTER USERS'', 電気学会通信研究会, CMN-15-001, 2015/1. (資料)
  • 太田陽祐, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "構造化オーバレイにおけるRFRT-Chordの改善'', 電気学会九州支部沖縄支所講演会, OKI-2014-05, pp.9-12(CD-ROM), 2014/11. (資料)
  • 許田重久, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "DHTに基づく分散コンテンツキャッシュ連携手法改善によるキャッシュ応答性能向上に関する研究'', 電気学会九州支部沖縄支所講演会, OKI-2013-18, pp.80-83(CD-ROM)、2013/12. (資料)
  • 宜保行平, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "ユーザの嗜好を考慮したキャッシュアルゴリズムの評価",電気学会九州支部沖縄支所講演会, OKI-2013-18, pp.76-79(CD-ROM)、2013/12. (資料)
  • 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 名嘉村盛和, 玉城史朗: "OpenID Connectを利用したメール送信者制御手法の検討", 情報処理学会研究会報告, 2012-CSEC-59, No.7, pp.1-4, 2012/12. (資料)
  • 玉コン, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治: "構造化オーバレイにおける経路表の順序関係基づくノードの近接性及び信頼を考慮したDHTアルゴリズム", 電子情報通信学会信学技報, IN2012-134, Vol.112, No.352, pp.73-77, 2012. (資料)
  • 李在炯, 城間政司, 丹田賢, 梅橋一充, 長田智和, 谷口祐治, 名嘉村盛和: "リソースアクセス情報に基づく未知のマルウェア検知手法", FIT2012 第11回情報科学技術フォーラム, L-030, pp.197-202, 2012/8. (資料)
  • 宜保行平, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "Kinectを用いた動作による認証", JSiSE学生研究発表会, 2012/3. (資料)
  • 許田重久, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "情報工学科における仮想マシン管理およびIP管理のWebインターフェースの開発", JSiSE学生研究発表会, 2012/3. (資料)
  • 上地クリスティーナカマド, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "大学Web サイトのユーザビリティ及びアクセシビリティ向上に関する研究", 電子情報通信学会信学技報, HCS2001-62(2012-1), pp.47-50, 2012/1.(資料)
  • 島原岳志, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "FRT-Chordにノードの信頼性を考慮した順序関係構築手法の提案", 電子情報通信学会信学技報, Vol.111, No.408, NS2011-145, pp.29-34, 2012/1.(資料)
  • 新垣智規, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "Android端末を用いたHadoopベースのライフログシステムの試作", 情報処理学会研究報告, 2011-UBI-2(5),2011/11/17. (資料)
  • 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗, 名嘉村盛和: "OpenID 属性認証にもとづく公衆無線LANサービスシステムの提案", 情報処理学会第73回全国大会, DVD-ROM, 2011. (資料)
  • 上地クリスティーナカマド, 長田智和, 谷口祐治: "システムのユーザビリティ・アクセシビリティの向上のための研究‐Webサイトにおける情報アーキテクチャについて‐", JSiSE学生研究発表会, 2011/3. (資料)
  • 與儀那広, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "WebSocket?を用いたWebブラウザ間P2P通信の実現とその応用に関する研究", 電子情報通信学会信学技報, Vol.110, No.372, NS2010-152, pp.59-62, 2011/1.(資料)
  • 澤岻寛人, 城間政司, 長田智和, 玉城史朗, 谷口祐治: "仮想OS技術及び仮想マシン技術のVPS環境におけるパフォーマンス特性評価", 電子情報通信学会信学技報, Vol.110, No.373, IN2010-143, pp.143-146, 2011/1.(資料)
  • 新垣大志, 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "OpenIDに基づく認証サービスの継続性を高める研究", 電子情報通信学会信学技報, Vol.110, No.373, IN2010-142, pp.139-142, 2011/1.(資料)
  • 城間政司, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗, 名嘉村盛和: "OpenIDを利用したアクセス制御手法の提案", 情報処理学会創立50周年記念(第72回)全国大会, DVD-ROM, 2010/3. (資料)
  • 比嘉哲也, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "NIDSとハニーポットを組み合わせた不正侵入防止システムの開発", 電子情報通信学会信学技報, IN2009-126, Vol.109, No.411, pp.1-4, 2010.(資料)
  • 上里茂, 金城篤史, モハッド・ラシード, 早乙女理恵, 長田智和, 玉城史朗: "FWAを基盤とした独立型ハイブリッド発電システムのテレオペレーション", 2009.
  • 城間政司, 比嘉哲也, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗, 名嘉村盛和: "Webサービスのための仮想OSサーバーシステムの性能設計に関する評価報告", 電子情報通信学会信学技報, IN2008-121, pp.75-77, 2009. (資料)
  • 城間政司, 比嘉哲也, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗, 名嘉村盛和: "沖縄県の地域特性を活かしたデジタルコンテンツ流通プラットフォームの研究開発", 情報処理学会北海道シンポジウム2008予稿集, A-11, 2008/9. (資料)
  • 金城篤史, 上里茂, 比嘉哲也, 城間政司, 長田智和, 比嘉實, 玉城史朗, 清水幸丸: "センサー・コントロールネットワークを基盤とした農業用自然エネルギーシステムの遠隔計測制御系の開発", 第31回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.955-958, 2008. (資料)
  • 竪山有紀, 小橋川俊, 比嘉哲也, 長田智和, 當間愛晃, 河野真治: "琉球大学工学部情報工学科における教育用計算機システム自主管理およびセキュリティ対策に関する取り組み", コンピュータセキュリティシンポジウム2008論文集, Vol.2008, No.8, pp.671-676, 2008/10. (資料)
  • 吉浦陽介, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "モバイルエージェントを基盤としたセキュアなP2Pファイル配信システムの開発", 情報処理学会研究報告, DPS-137, Vol.2008, No117, pp49-54, 2008/11. (資料)
  • 國吉侑, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "アプリケーションQoS制御を実現するためのDiffServ?の機能拡張に関する研究", 電子情報通信学会信学技報, Vol.108, No.286, pp.25-29, 2008/11. (資料)
  • 金城篤史, 城間政司, 中村文也, 長田智和, 玉城史朗: "教育用計算機システムの自主管理における技術ドキュメント蓄積・利用に関する取り組み", 第90回情報学基礎・第65回デジタルドキュメント合同研究会発表会報告, Vol.2008, No.34, pp.69-74, 2008/3. (資料)
  • 松原有希, 長田智和, 玉城史朗: "協調フィルタリングを用いた初等教育の授業向けWeb検索手法の提案", 情報処理学会コンピュータと教育研究会報告, CE-91-12, pp.69-74, 2007/10. (資料)
  • 金城篤史, 長田智和, 玉城史朗: "MPEG2を用いたプロトコル選択型ストリーミングシステムの開発", 第29回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.219-222, 2006. (資料)
  • 萩原慎一, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "福祉分野におけるインターネット活用に関する研究", 情報処理学会情報学基礎研究会報告, Vol.31, pp.31-44, 2006. (資料)
  • Jaeho LEE, Wenhung SU, Tomokazu NAGATA and Shiro TAMAKI: "Decision Trees Approach for Anomaly Intrusion Detection", The 29th Symposium on Information Theory its Applications (SITA2006), pp.835-838, 2006. (資料)
  • 與那覇寛庸, 與那嶺裕, 長田智和, 玉城史朗: "閾値秘密分散法を用いたネットワークストレージ", 第28回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.813-816, 2005. (資料)
  • 儀間聡, 長田智和, 玉城史朗: "ネットワークの状態に応じた選択型ストリーミングシステム", 第28回情報理論とその応用シンポジウム予稿集, pp.625-628, 2005. (資料)
  • 屋宜宣文, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "高品質なMPEG2ビデオストリーム配信のためのPESヘッダ保護の検討", 電子情報通信学会信学技報, Vol.105, No.526, pp.79-83, 2005. (資料)
  • 與那嶺裕, 與那覇寛庸, 長田智和, 玉城史朗: "閾値秘密分散法に基づく広域ネットワークストレージに関する研究", 電子情報通信学会信学技報, ISEC2005-81, pp.37-44, 2005. (資料)
  • 知花孝浩, 長田智和, 玉城史朗: "従来手法との公平性を考慮したTCP Vegas の改善に関する検討", 第52回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, 2004. (資料)
  • 山城博幸, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "太陽光発電を基盤としたITファームの構築", 平成15年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会論文集, pp.531-534, 2003. (資料)
  • 木本守, 谷口祐治, 長田智和, 新田保秀, 金城敬太, 當銘章一: "携帯電話を利用した教育・教務支援システムの試作", 電子情報通信学会信学技報, ET2003-82, pp.129-132, 2003. (資料)
  • 長田智和, 神里大, 谷口祐治, 玉城史朗: "サイト単位の負荷変動を考慮したWWWキャッシュ置き換えアルゴリズムの提案", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会シンポジウム2003講演論文集, Vol.2003, No.6, pp.63-68, 2003. (資料) *査読付き
  • 木本守, 徳嶺千秋, 長田智和, 谷口祐治, 新田保秀: "Web連携型データベースを用いた情報教育支援システムの構築及び教育現場での活用とその評価", 情報処理学会コンピュータと教育研究会報告, Vol.2002, No.119, pp.65-70, 2002. (資料)
  • 長田智和, 宮里智樹, 谷口祐治, 玉城史朗: "輻輳通知の時間遅れを考慮したボトルネックルータ検知と高精度フロー制御手法の提案", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会シンポジウム2002講演論文集, Vol.2002, No.5, pp.87-92, 2002. (資料) *査読付き
  • 木本守, 比嘉昭博, 長田智和, 谷口祐治, 新田保秀: "附属学校におけるWebデータベースシステムの学習への活用について", 日本教育工学研究報告集, JET01-6, pp.9-14, 2001. (資料)
  • 緒方健一, 長田智和, 谷口祐治: "ネットワークAPIの再考と機能拡張", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会報告, 2000-DSM-20, pp.43-48, 2000. (資料)
  • 知念真也, 長田智和, 谷口祐治: "分散オブジェクト技術を用いたネットワーク監視システムの設計", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会報告, 2000-DSM-20, pp.37-42, 2000. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "大規模分散ネットワーク運用管理システムの提案", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会報告, 2000-DSM-20, pp.31-36, 2000. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "沖縄における地域IX活動の現状と今後の予定", ITRC研究会, 2000. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "ネットワーク管理におけるモバイルエージェントを用いた自律分散システムの適応", 計測自動制御学会第12回自律分散システム研究会講演論文集, pp.59-62, 2000. (資料)
  • 比嘉昭博, 長田智和, 谷口祐治, 新田保秀: "附属学校の教育支援情報環境構築およびその活用について", 電子情報通信学会教育工学研究会, ET99-63-82, Vol.99, No.500, pp.49-54, 2000. (資料)
  • 緒方健一, 長田智和, 谷口祐治: "IPv6移行期におけるIPv4/IPv6ゲートウェイの実装", 第60回報処理学会全国大会講演論文集, Vol.3, pp.453-454, 2000. (資料)
  • 知念真也, 長田智和, 谷口祐治: "琉球大学キャンパスネットワークにおけるリモート管理システムの提案", 第60回情報処理学会全国大会講演論文, Vol.3, pp.455-456, 2000. (資料)
  • 緒方健一, 長田智和, 谷口祐治: "IPv6によるネットワーク運用とその検証", 第52回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.1005, 1999. (資料)
  • 知念真也, 長田智和, 谷口祐治: "琉球大学キャンパスネットワークにおけるリモート管理システムの提案", 第52回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.504, 1999. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治: "沖縄インターネットエクスチェンジにおける技術検証と開発研究", 第58回情報処理学会全国大会講演論文集, pp.493-494, 1999. (資料)
  • 岸本克巳, 長田智和, 谷口祐治: "モバイルエージェントを用いた授業支援Webキャッシュシステム", 電子情報通信学会教育工学研究会, ET99-63-82, Vol.99, No.500, pp.55-60, 1999. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "沖縄地域インターネットエクスチェンジ接続実験の概要", 情報処理学会分散システム/インターネット運用技術研究会報告, DSM-99-16, pp.1-6, 1999. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗: "ネットワークトラフィック解析に基づく沖縄圏IXの検証と考察", 沖縄情報通信ワークショップ, 1999. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治: "沖縄地域インターネットエクスチェンジの有効性と検証", 第51回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.57, 1998. (資料)
  • 長田智和, 谷口祐治: "キャンパスネットワークのトラフィック解析手法", 第51回電気関係学会九州支部連合大会講演論文集, pp.134, 1998. (資料)

その他論文

  • 長田智和: "情報系実験科目における成果物提出手段としてのバージョン管理システムの活用", 琉球大学総合情報処理センター, 平成20年度ICTを活用した教育の研究発表会論文集, pp.49-52, 2009. (資料)

学位論文

  • 長田智和: "地域ネットワークインフラストラクチャ構築および運用技術に関する研究", 琉球大学理工学研究科総合知能工学専攻, 博士論文, 理工研38, 2003. (資料)
  • 長田智和: "WAN/LAN環境におけるネットワーク運用管理技術に関する研究", 琉球大学理工学研究科情報工学専攻, 修士論文, 理工修202, 2000. (資料)
  • 長田智和: "インターネットにおける地域IXの有効性と実証", 琉球大学工学部情報工学科, 学士論文, 1998. (資料)

紀 要

  • 谷口祐治, 木本守, 長田智和, 狩俣智, 比嘉昭博, 新田保秀: "Web連携型データベースを用いた情報教育支援システムの開発及び評価", 琉球大学教育学部紀要, 第70集, pp.117-124, 2007/1. (資料)

受 賞

  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi and Tomokazu Nagata: "Dynamic Routing Protocols Evaluation with the feedback of Event-B and Formal Method", "Excellent Paper Award", 106th International Conference on Science and Innovative Engineering (ICSIE), Kyoto Japan, 10th and 11th of Oct. 2016.
  • Jawid Ahmad Baktash, Mursal Dawodi and Tomokazu Nagata: "Cloud-based Dynamic Routing with Feedback in Formal Methods", "Excellent Paper Award", 37th International Institute of Engineering & researchers conference, Kyoto Japan, 22 Jun. 2016.
  • 情報処理学会 北海道シンポジウム2008「最優秀ポスター賞」
    城間政司, 比嘉哲也, 長田智和, 谷口祐治, 玉城史朗, 名嘉村盛和: "沖縄県の地域特性を活かしたデジタルコンテンツ流通プラットフォームの研究開発", 2008.
  • 次世代高度ネットワーク推進会議幹事会「JGN2アワード:地域貢献・人材育成賞」
    佐賀大学, 琉球大学(代表幹事として活動)他: "工業系高等学校におけるIPv6を用いたユビキタス社会実験研究", 2008.
  • 平成19年度教育貢献者賞, 琉球大学工学部, 2007.
  • 次世代高度ネットワーク推進会議幹事会「平成17年度JGN2利用促進賞」
    佐賀大学, 琉球大学(代表幹事として活動)他: "工業系高等学校におけるIPv6を用いたユビキタス社会実験研究", 2007.
  • 日本太陽エネルギー学会「平成15年度奨励賞」
    山城博幸, 長田智和,谷口祐治, 玉城史朗: "太陽光発電を基盤としたITファームの構築", 平成15年度日本太陽エネルギー学会・日本風力エネルギー協会合同研究発表会論文集, pp.531-534, 2003. (資料)

特 許

  • 長田智和,名嘉村盛和,谷口祐治,城間政司: "認証ウェブページURLサービス装置、ウェブサービス提供システム、認証ウェブページURLサービス装置の動作方法およびウェブサービス提供システムの動作方法", 特願2012-101684, 2012.

マスメディア報道

  • サイバー犯罪対策に係る連携した取組みに関する沖縄県警と琉球大学工学部との協定締結, 琉球新報, 2015/4/2.
  • サイバー犯罪対策に係る連携した取組みに関する沖縄県警と琉球大学工学部との協定締結, 沖縄タイムス, 2015/4/1.
  • 情報特区の認定業者にオキットが初認定, 琉球新報(経済面), 2015/2/4.
  • 情報特区の認定業者にオキットが初認定, 沖縄和タイムス(経済面), 2015/2/4.
  • 商用OIX事業化プレス発表, 琉球新報(総合面), 2012/11/30.
  • 商用OIX事業化プレス発表, 沖縄タイムス(経済面), 2012/11/30.
  • 実証実験(第1回 I Loveうちなーデジタルフォトコンテスト)紹介, ラジオカーが大学研究室に訪問して生インタビュー(10分程度), ラジオ沖縄(AMラジオ局), 2010/1/18.
  • 実証実験(第1回 I Loveうちなーデジタルフォトコンテスト)紹介, インフォメーションコーナーで紹介(1分程度), ラジオ沖縄, 2010/1/6.
  • 実証実験(第1回 I Loveうちなーデジタルフォトコンテスト)紹介, 琉球新報, 2009/12/27.
  • 沖縄デジタルコンテンツ流通基盤研究開発プロジェクト「コンテンツチャンプル」紹介, 琉球新報, 2009/4/12.
  • 「地域ICT研究に琉大の名嘉村教授 総務省が採択」, 琉球新報, 2008/4/26.
  • 「名嘉村教授らを支援 総務省情報通信研究に採択」, 沖縄タイムス, 2008/4/25.
  • "美来工科高校との遠隔講義イベント", 琉球新報, 2007年.
  • "情報工学科計算機システム自主構築", 沖縄タイムス, 2006年.
  • "情報工学科計算機システム自主構築", 琉球新報, 2006年.

受託研究・共同研究

  • "クラウドサービス提供における情報セキュリティ対策ガイドライン(平成26年4月総務省)」およびIPA(情報処理推進機構)が公表する資料の分析およびシステム化方法の調査研究", 株式会社エスアイエス, 平成26年度.
  • "マルウェアがアクセスするリソース情報の解析にもとづく特徴抽出の調査研究", 株式会社フォティーンフォティ技術研究所, 平成23年度.
  • "マルウェアの静的解析にもとづく特徴抽出の調査研究", 株式会社フォティーンフォティ技術研究所, 平成22年度.
  • "IPトレースバック実証実験におけるデータ解析および技術検証に関する研究開発", ファーストライディングテクノロジー株式会社, 平成21年度.
  • "沖縄地域インターネットエクスチェンジの実証研究", 琉球大学総合情報処理センターおよび県内ISP・私立大学などとの共同研究, 平成11年度〜平成23年度.

競争的研究資金・民間助成金

  • "Open Flowとコンテンツキャッシュに基づく地域通信フロー効率化に関する研究", 科学研究費助成事業(基盤研究(C)), 平成26年度〜平成28年度.
  • "Webサービスにおける共通認証技術の信頼性向上と運用手法に関する実証的研究開発", 財団法人 電気通信普及財団, 平成22年度.
  • "沖縄県におけるデジタルコンテンツの自主流通基盤を実現するためのコンテンツデリバリーシステム開発および利用者のニーズに合わせたコンテンツの制作・流通・提示技術に関する実証的研究開発", 総務省, 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE), 平成20年度〜平成21年度.
  • "強化学習によるネットワークの状態変化予測に基づく 最適リアルタイムビデオストリーム伝送システムの研究開発", 財団法人 電気通信普及財団, 平成19年度.
  • "リソース共用型DCサービスの開発・検証", 日本電気株式会社, 平成19年度沖縄データセンター整備モデル実証事業, 平成19年度.
  • "u-Japanに向けて全国へのフィールドの拡大と情報端末の多様化を行う工業系高等学校等に於けるIPv6を用いたユビキタス社会実験研究の展開", 独立行政法人 情報通信研究機構(NiCT), 情報家電のIPv6化委託研究開発事業, 平成17年度.
  • "ソーシャルネットワーキングシステム(SNS)を応用した豊かな心教育のための学校・家庭・地域間コミュニケーションシステムの実装とその活用に関する研究", 財団法人 松下教育研究財団, 平成17年度.
  • "高速・高品質双方向トランスポートプロトコルに関する研究", 財団法人 電気通信普及財団, 平成16年度.

その他資金

  • "安全な動的ID連携技術の開発と地域観光商工サービスへの適用に関する研究",琉球大学若手研究者支援研究費,平成24年度.
  • "ECサービス等の地域型Webサービスのビジネス競争力を高めるためのサービス基盤システムの研究開発〜沖縄県におけるWebサービス産業振興のための基盤事業起業に向けて〜", 琉球大学工学部若手研究者支援・研究コアグループ育成研究費, 平成22年度.
  • "低コストHAなインターネットサービスのための仮想化技術応用に関する研究", 琉球大学工学部若手研究者支援・研究コアグループ育成研究費, 平成21年度.
  • "Webサービスにおける共通認証技術の信頼性向上と運用手法に関する実証的研究開発", 琉球大学工学部若手研究者研究支援経費, 平成20年度.
  • "情報システム管理における技術情報の蓄積・利用のための 情報管理データベースに関する研究",琉球大学工学部若手研究者研究支援経費, 平成19年度.
(資料は学内アクセス制限しています)
[ Back ]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-26 (月) 14:22:43 (146d)